ただ今サボテン花盛りです

台風シーズンの受難 サボテン持ちがこの季節に恥をかく

日陰のサボテン ミニサボな日々
【100均サイズのサボテンにジャストサイズです♪】

むかつくを通り越して茫然自失するほどのくっそ暑い夏が過ぎまして、秋風がさわやかです。裸足でいると足が冷えて腹が痛くなります。

天気のいい日はいいのですが、秋は台風のシーズンであります。今年の台風はやたら風が強くて、千葉ではとんでもない風の被害が出ています。一日も早い復旧復興をと祈るばかりです。

風通しは良すぎるほどなのに不思議と台風の風の影響を受けにくかった我が家でもベランダに出る窓のひさしがぶっ壊れました。

台風の最中、ひさしの下に30個くらいサボテンを残したままでしたがこちらは幸いなことに風食らって傾いた竜神木以外は無傷でやり過ごせたものの、透明波板が半分吹っ飛んでしまったひさしは重傷です。



サボテンたちは屋内に避難した

重傷のひさしをそのままにしておくわけにいかないので、大工さんに修理をお願いすることになりました。もうね、家が古いからひさしの土台ごと総とっかえですってよ。

大工仕事が始まるのでサボテンどもをベランダから全部屋内に避難させることになったのですが、恐れてたことが起きましたねぇ。

かなりの数のサボテンを鉢増ししたので急に取り込もうにも去年の冬よりはるかに場所食って置くところがねぇ!!

わたくしの概念では巨大な鉢の部類に入る3.5号の鉢がずいぶんと増えました。1.5号の鉢なら10個置けるスペースに3.5号は2つしか置けないというね。分かってたことだけど、現実問題として目の前に突き付けられると頭抱えちゃうね。



成長期のサボテンはほんの数日でも徒長しはじめてしまうので窓のそばにおいてやりたかったけど、置けんものは置けん。仕方なく日の当たらない北側の部屋のせめて窓辺にトレーに入れて仮住まい。

出したりしまったり忙しいわ!!

日の当たらないところにサボテンを置くのがホント嫌いなわたくしにとって日の差さない暗い部屋に置かなくちゃならんのは精神的苦行です。

しかし、これも重傷のひさしの治療のためと心を鬼にして(大げさ)取り込んだのですが、待てど暮らせど大工さんから連絡がない(涙)

そうこうしてるうちに案の定徒長しやすい高砂が伸び始めておりますよ。

高砂

日照不足の徒長サボテンはわたくしのサボテン美学に一番反するものなので、日が当たれば一度片付けたサボテンどもをまた外に出す。

しかし秋の空は女心よりすぐ変わって雨が降り出す。

慌てて片付け、ラックに並べたものは間に合わんので雨よけをかける。すると晴れる。

ああっ!!もう嫌!!あたくし実家に帰らせていただきます!!

残念なことにわたくしは実家住まいである。



わたくしは大恥をかく

そうこうしているうちに次の台風がやってきそうだと天気予報が言っております。

いつ来てもらえるのか分からんまま日々を送っておりましたが、それは突然やってきました。大工さんが寸法測りにいきなりやってきたのであります。

それも朝8時前に。

ベランダへの出入りは我が部屋からしかできません。朝8時前とかフツーに寝てるっつの!!

大慌てで着替えを済ませ、縫い物をしようと出したままの布の山をベッドに押し込んでたら大工さんが上がってきました。

10分前まで本気寝だったわたくし、完全に寝ぼけてます。

寸法を測ってもらってる間わたくしはベッドに腰かけてそれを眺めていたのですが、風向きのことなどを話してもろくに耳を傾けてくれなかったところをみると、大工さんの目には頭の足りないおばちゃんに見えていたのでしょう。

ああ情けなや(涙)



ひさしの寸法は測ってもらいましたがいつが施工なのかの話はありませんでした。台風までに直してもらえるのでしょうか。

明日の朝8時前になんの予告もなく大工さんがやってくる説が一番有力です。ぎゃー

日陰のサボテンストレスからはやく解放されたいわぁ。

コメント