近所の保育園の小さい人たちよ うちの白檀はイモムシではない!

ミニサボな日々

ミニサボな日々

ダイソーでヘリオーサ・アルビフローラと奇跡の出会いを果たす

ちびサボ好きにとって100均は思いがけない掘り出し物にめぐり合える夢の楽園です。 ただ、そうそう毎日足を運ぶわけでもないのでレジに連れて行きたい欲が沸いてこない子ばかりが残ってることも多々ありました。原型をとどめないほど徒長した何かと...
ミニサボな日々

サボテン植え替えの春につぼみを付けた宇宙殿を喜び腐らせた柱サボテンを悼む

土のブレンド用に使っていたプラ容器を割ってしまったため小さなすり鉢を買いました。これが実に具合よくて満足しております。鉢数が多いので手間っちゃ手間ですが、土作りも含めての植え替えが楽しくて仕方がないので苦になりませぬ。 この冬は比較的暖かかったのですが、うまく冬越しできなかったものがいくつか出ました。一方で絶対春まで持たんと思ってた宇宙殿につぼみがもこもこ出てきた
ミニサボな日々

超ミニサボテンの冬越しはつくづく難しいもんだと改めて思う

わたくしは小さいサボテンを手元で大きくするのが好きです。売られてる状態で直径が3センチ以上あるものは「もう少し小さけりゃいいんだが…」とまず思います。 昨年夏を過ぎてから、極小サボテンが4~6本寄せてある群生苗をいくつか買いました。ご丁寧に全部ばらして個別に植えております。一番小さいのはマミラリア属桜月の7ミリ。 根が動き始める前に寒くなってしまったので屋内で管理しておりますが、水やり加減が難しい…。
ミニサボな日々

銀河楽という白くてキレイな柱サボテンがなぜ銀翁錦の名前で売られているのか問題

久しぶりにHCへサボテン巡礼をして新しい仲間を買ってきました。 毛柱サボテンの銀河楽です。美しい。身の丈6センチくらいかな、肌の色は明るく、今のところトゲに色もついてない。真っ白。柱サボテンは数持たない主義だけど、毛柱類だけは別よ。 ...
ミニサボな日々

やっと花芽をつけた雪晃はなぜなかなか育たなかったんだろう

もはや売り物としての体をなさないほどしなびてぺっちゃんこ48円投売りだった雪晃。最初の一年はそれなりに育ったけれど、それからほとんど大きくならずに沈黙すること2年。 あまりの育たんぶりに花を見るのは叶わんのかと半分諦めてましたが、やっと心を開いてくれたのね!…が、しかし…。 雪晃は比較的育てやすいサボテンだと聞き及んでいるのですが、なぜ我が家の雪晃はなかなか育たなかったのかを考えてみました。
ミニサボな日々

サボテン達よなぜこんなに傾いて育つのか原因を教えてくれないか

知恵袋なんか見ていると「サボテンが傾いてきました。どうすればいいですか?」という質問に「根腐れです」という回答がけっこうな頻度でついてます。 確かに傾いてきたら根腐れを疑うのはサボテン栽培のセオリーの一つでしょうが、傾く理由は根腐れだけではないです。
ミニサボな日々

日の出丸は育て方を誤ったのか冬型フェロカクタスらしい形になりそうもない

フェロカクタス属のサボテンは、大きく育つと「ごうごう」とか「ばきばき」といったオノマトペをつけたくなるような男性的な強いトゲを持ったものが多いです。 ちっこいうちの日の出丸は100均あたりでも見かけるようなポピュラーなサボテンです。最後のひと捻りを忘れた小龍包みたいな形が可愛いくて、鮮やかな赤い新トゲはまさに「日の出」って感じ。 ただ、残念ながら我が家の日の出丸はお世辞にもイケメンとは言えない姿になりそうです。
ミニサボな日々

冬のサボテン管理ネジラミ対策で2度目の薬剤散布の受難

気をつけていたつもりでいたのに夏の間にいくつかネジラミのついた鉢が出てしまいました。 そのため今年はいつもより慎重になっておりますわたくし、いつもは怠ける冬場の薬剤散布2回目を行ないました。ええ、私は真面目になったのです。 しか...
ミニサボな日々

真夏に鉢増ししたブカレンシスは思惑と違う方向に歩み始めた

そろそろ夜間の気温が一けたの日もちらほら出てきたのでサボテンずを屋内に取り込む準備をしなくちゃです。 ついこの前気温37度の中でブカレンシスの鉢増しをしたと思ったのに、季節はめぐるのねぇ。最後の水やりをいつにしようか悩ましい。 さて、ブカレンシス1号は暑い中いじったにも関わらず元気にしております。元気にしてるのはいいのですが、ちょっとね、私の思惑と違うんだわ…。
ミニサボな日々

あんなに元気だった短毛丸が長雨のお陰でネジラミ被害に遭う

エキノプシス属は基本的に強健でほったらかしでも勝手に育つといわれます。 我が家の短毛丸もめきめき育ってあっという間に子沢山になりました。それが秋になってからどうも縮んできたような気もするし新しい仔もトゲも出してこないし。 根詰まりだと思っておったのですが…まさかのネジラミでした。うっそぉ~ん