高砂はサボテン入門にお勧め?白サボの名前と育て方覚書

白いサボテン うちのサボ出席簿
リリィ・ホー
リリィ・ホー

主に我が家の白サボテンずです。名前はほぼ確定しているものと多分そうじゃないかなーなものが混ざってます。

ミニサボテンはその丸っこい姿に魅せられて植物を育てたことがない人ですら思わずレジに連れて行ってしまう魔力があります。

特に白いサボテンは女性人気が高いです。そう、女性は丸っこくて可愛いものが好きなのであります。集め出すとキリがないと分っていながらどんどん種類が増えてしまう白サボ、恐るべし。


白い柱サボテン

白い柱サボテンは高山性のサボテンが多いので、日照強めで乾燥気味に育てます。

老楽

Espostoa lanata 南部エクアドル、ペルー北部のアンデスの西斜面に自生

老楽

HCの500円まともな土と鉢に植えられた我が家的エリート

白い柱サボテンの代表みたいなメジャーな種類です。ふわふわした白い毛の下に短いトゲを持つので、ぎゅっと握ると痛いです。握ってみる人はいないと思いますが。

直射日光にがんがん当てても大丈夫で少々のことでは腐ったりしませんが、雨に当てると毛が寝てしまってふわふわに戻らなくなります。

水はけのいい土を使えばけっこう良く育ちます。ただ、地上部に比べて根の張り方が弱いらしく、いつまでもぐらぐらしてる感じがあります。

本来の老楽は白~薄いクリーム色の毛と白いトゲを持っていますが、最近流通しているものは何かとのハイブリッドになっているらしく、古いトゲがだんだん赤くなって薄汚れた色味になってしまうのが残念。

白閃

Cleistocactus strausii ボリビア~アルゼンチンの高地に自生

白閃

ダイソー出身

白閃の名に恥じない真っ白なトゲの柱サボテンです。自生地では3メートルくらいに育った巨大なヤツが林立していてなかなか壮観です。

私の手元のサボテンは白閃と確定したものではありませんが、海外サイトなどを数多く見て回っておそらく白閃だろうということにしました。

買ってきた時徒長しかけていたところを見ると、かなり日照を必要とするようです。ただ、日光は好きだけど高温多湿を好まないので(高山性サボテンのわがまま)、有機分の含まれない水はけのいい土に植えて夏場は特に風通しよく育てる必要がありそうです。

自生地のものはもっとみっちり短いトゲが生えていて肌が見えません。



白くてふわふわ系サボテン

成長しても丸いままの姿をしています。徒長すると白い毛が少なくなって肌が見えるようになり、そのうちてっぺんがにょーんと伸びてきます。室内でキレイに育てるのは難しいでしょう。

白星

Mammillaria plumosa 北東メキシコに自生

白星 サボテン

鳥の羽のような「刺さらないトゲ」が特徴のふわふわサボテン。うさぎのほっぺの名前で売られてたりします。

こぶサボテンのマミラリア属ですが、その中でも特にこぶが柔らかいためよく傷がつきます。

白サボらしく日照強めで育てます。日照不足になると自慢のふわトゲがすかすかしてきて肌がみえるようになります。ある程度まで大きくなると(実生から5~6年くらいかな)仔を吹いて群生します。

どうやら根があまり丈夫ではないようなので頻繁な植え替えは禁物です。柔らかマミラリアはおしなべて腐りやすいのですが、白星は格別よー腐る気がします。群生するとなおさらです。水はけの良さと風通しが必須です。

高砂

Mammillaria bocasana 中央メキシコ北部の高地に自生

高砂

HC500円 我が家的エリート

かぎトゲふわ系マミラリアです。どうやら有機質の多い用土が嫌いらしく、軽石と赤玉メインの水はけのいい土に植えたほうが機嫌がいいです。

直射日光をがんがん当てて育てたほうが白ふわ感が増します。かぎトゲ種にしては根が丈夫。真夏の炎天下であれば毎日水やりしても大丈夫ですが、水ぶくれしやすいようです。

しっかり日光に当てておけば小さいうちからよく花をつけます。ピンク花や見たことないけど黄色花もあるようです。

高砂

ネットショップ200円抜き苗出身

柔らかマミラリアなので風通しが悪いと蒸れて腐りやすくなります。水切れにかなり強いので「枯れるかも…」の心配はあまりしなくていいでしょう。

植えつけてからなかなか育たなくても諦めないで下さい。このピンク花高砂は2センチくらいの抜き苗で買いましたが、育ち始めるまでに1年かかりました。

月晃殿

Krainzia guelzowiana メキシコ西部~北部に自生

月晃殿

HC500円エリート

月晃殿は赤いかぎトゲの麗光殿のトゲなし変種です。ガラスのような繊細なかぎトゲを持つタイプを月宮殿、黄色いかぎトゲタイプを薫光殿といいます。

…が、我が家の月晃殿は先祖がえりをしたのか2本ほど薄い黄色のかぎトゲがあります(苦笑)

他のふわ系白サボと同様にしっかり日に当てて水はけよく育てます。うまいこと育てばそのうち群生するんだと思いますが、最初のうちは横向きにぺちゃっと育つようです。



<!–nextpage–>

ころんと丸いちくちく系白サボ

日照不足になると肌の緑が目立つようになって白サボらしくなくなるかも知れません。

小町

Parodia scopa 南ブラジル・パラグアイ・アルゼンチンの草っ原に自生

小町

HC500円エリート

現在はパロディア属に吸収されてますが、ノトカクタス属といったほうがなじみがいいですね。

真っ白なトゲの中に赤いトゲが少しばかり混ざってます。赤トゲのない白閃小町というのもあるらしい。

小町さんファミリーには全体に赤い紅小町、トゲが金色で明るい緑の肌の金小町なんかがいます。どれも小さいうちは球形ですがだんだん筒状に背が伸びてきます。最初の白くて丸い姿に惚れた人にとっては背が伸びてくると「違う~」と思うかも。

普通のサボテンの土でよく育ちます。白サボらしく日光は強めでお願いします。旧ノトカクタス属のサボテンは明るい黄色に真っ赤なおしべの目立つ花を咲かせます。

雪晃

Brasilicactus haselbergii ブラジルの固有種

雪晃

HC48円投売り固まる砂出身

寄せ植えの常連です。自生地では岩肌にへばりつくように生えていたりするためか、赤玉土と軽石主体くらいの土のほうがよく育つように感じます。

日光にしっかり当ててやったほうがトゲが密になっていかにもな白サボになります。大きくなっても扁平なままなので手に入れた時の雰囲気を残してくれます。

乾かし気味に育てたほうが早く大きくなるようです。水やりが過ぎると不機嫌そうに成長を止めてしまうこともあります。この雪晃は我がサボテンライフのスターティングメンバーですが、未だに2号鉢に納まっています。今年久しぶりに少しだけ大きくなってくれました。

いじけて動かなくなることはあってもそのまま枯れたり腐ったりということは少ないみたいです。


玉翁

Mammillaria hahniana メキシコのごく限られた範囲に自生

玉翁

HC298円固まる砂出身

ごく小さいうちはよく寄せ植えに入ってますね。白くて長い毛が特徴ですが球体が2センチに満たないうちはこの長い毛がないこともあります。暑さ寒さにかなり強い印象があります。

玉翁はこの長い毛がふっさふさしていることが身上なので、日照不足で薄毛にしてしまうのは実に惜しい。太陽大好き白サボです。最初は丸いですが成長とともに縦向きに伸びます。

マミラリア属らしい小さくて可愛いピンクの花をお花の冠のようにぐるっと咲かせます。

ムスクラ

Aylostera muscula ボリビアの高地に自生

ムスクラ

ネットショップ200円抜き苗出身(1.8号の鉢に入ってます)

真っ白なトゲをみっしりつけたきれいなサボテンです。非常に細いトゲなので触っても痛くありません。いがぐり坊主の頭をなでなでしているような手触りです。

標高の高いところに自生しているので、日光を強く湿度は低く育てます。

小さいうちは丸っこいですが成長とともに筒状に育ち仔吹きして群生します。幼苗のうちは雪晃とほとんど見分けがつきません。寄せ植えに入っていたものなら雪晃だと思っておけば間違いはないです。

雪晃もムスクラも明るいオレンジの花を咲かせますが、雪晃は頭のてっぺんに花を咲かせるのに対してムスクラは土に近いところにつぼみをだしてきます。



満月

Mammillaria candida メキシコ北東部に自生

満月

HC398円寄せ植え出身

マミラリア属には「白マミ」と呼ばれるトゲ座もトゲも白い種類がたくさんあります。満月はその中でもポピュラーなサボテンです。

マミラリア属のサボテンなので、春になるとお花の冠のように頭にぐるっとピンクの花を咲かせます。

日照不足でも水の与えすぎでも徒長しやすくトゲとトゲの間が間延びしやすいので水を抑え気味に育てたほうが白くキレイになります。日照不足+水の与えすぎのダブルパンチ徒長だと突然腐ってしまうこともあります。

アメリカのサボテン栽培家のサイトを見ていたら、からっからの赤土に植えられてました。冬場は日光に当てながらめいっぱい断水して育てているようです。というわけで、赤玉土主体で通気性確保のための軽石を混ぜた土がいいんじゃないのかな、と。

月世界

Mammillaria candida アリゾナ砂漠やメキシコのチワワン砂漠に自生

月世界

HC500円エリート

寄せ植えや固まる砂ではまずお目にかからないサボテンですが、自生地ではけっこう広範囲に生えてるようです。サボテンとはトゲがつんつんしているモノだと思っている人にこれを見せるとほとんどの人が「何これー?!」と言います(笑)

肌にはりついたようなトゲは痛くありません。塊根を作る種類なので鉢土が完全に乾く前に水を与えることを繰り返すと腐りやすいようです。なかなか過酷なところを自生地に持つので水切れにかなり強いです。

幼いうちは頭のてっぺんがくぼんでいますが、花が咲くようになるとつまんだようにぴょこっとてっぺんがとんがって、淡いピンクの花を咲かせます。

花はそれほど目立ちませんが、それからしばらくするとチェリーピンクの種をにょーっと出してきます。咲いた花の数よりはるかに多い種を出してくるのが不思議。

自家受粉するので実生で増やすことができるようです。(私は失敗しましたが)自生地では種が落ちることで群生しますが、栽培ではもっぱら胴切りして子を吹かせる方法がとられています。

どこか女性的な繊細さを感じさせる白いサボテン。それぞれに個性があって育ててると楽しいですよ。



コメント