ただ今サボテン花盛りです
うちのサボ出席簿

マミラリア属のサボテンうちにいる子の名前と画像

100均あたりで「マミラリア」というプレートつけて売られている子を買うと、さてこの子の名前は何だろか?となりますね。マミラリア属のサボテンはやたらめったら数が多く、顔つきもさまざまです。 我が家でも気がつけばマミラリア属のサボテンの数...
ミニサボな日々

グラキリス(ツルビニカルプス属)の育て方

HCで半年くらいほぼ放置されて限界まで小さくなってしまっていたグラキリス(ツルビニカルプス属)を連れて帰ってきたのは約1年前。 助けられる自信はなかったですが花を咲かせてくれました~♪腐りも干からびもせずよく頑張った!感動した! ...
ミニサボな日々

育たなかった金晃丸と満月3号が植え替え4ヶ月で根詰まりするほど育ちまくる

湿っぽいけど涼しかった梅雨が明けました~。いきなり猛暑日です。気温ボリュームのつまみの位置がおかしいよ。 さて、春に植え替えてから4ヶ月、えらい機嫌よく育って鉢が小さくなってきていた金晃丸1号2号と満月3号が抜いてびっくり根詰まりして...
育て方と管理

梅雨の晴れ間にサボテンの鉢増しをしよう

今日は梅雨の晴れ間がありましたので、極小サボの鉢増しを行ないました~。サボテンの植え替えがしたい病患者の頓服みたいな作業です。 うちでは抜き苗とか外した仔株サイズの極小サボテンも個別に黒く塗ったむっちゃ小さい素焼き鉢に植えて管理してお...
ミニサボな日々

トゲが取れまくってハゲ散らかした満月が再び造反する

ついこの間昨年夏にトゲが面白いほど取れてはげはげになった満月が1年経って上から見たらハゲてたとが分らないくらい回復したことをお知らせしました。 しかし、やれやれと思う間もなくまたはげました(笑)ええ、きっと笑い事じゃないとは思います。...
ミニサボな日々

水やり遺児の銀手毬がやっと使命を理解したので育て方を見直してみる

銀手毬というサボテンは極めてよく見かけますし育てやすい種類ですと育て方を調べてると書かれてますけどね、ウソですよ。ぜんぜん思うように育ちゃしねぇ。可愛い見た目に騙されたらいけません。 親株を腐らせたためほとんど頓挫に近い状況だった『ザ...
ミニサボな日々

100均や固まる砂のサボテンの名前は何だ問題を考える

我が家にはただいま120鉢くらいちっこいサボテンがおります。大半が100均や固まる砂出身です。そういうとこじゃないと好みのサイズ(雪見だいふくより1周り以上小さいサイズ)になかなか出会えません。 しかし、100均や固まる砂のサボテンに...
うちのサボ出席簿

昇雲竜(ツルビニカルプス属)香りのいい花をつけるキモカワなサボテンの育て方

昇雲竜、まったくサボテンを育てたことがない人が一目惚れして手に取ることはまずないだろうサボテンです。 小さすぎるが故に日なたに捨てられて萎びたジャガイモのごときボディライン、ぺらぺらして刺さらないトゲ。知人に見せたら「枯れてるの?」と...
育て方と管理

海王丸(ギムノカリキウム属)を艶々のぷりぷりにする育て方

私は前の記事で書きましたようにギムノカリキウム属と相性がよろしくありません。もしかしたら前世でギムノさん達に何か酷い仕打ちでもしたんじゃないかってくらいうまく育ってくれない子が多いです。 そんな中にあって、豆粒みたいなサイズで我が家に...
病気とトラブル

【訃報】さよなら月晃殿(涙)白ふわサボテンはなぜ根腐れしたのか反省会

我が家で一番美人に育つ予定だった月晃殿を根腐れさせました(涙)柔らか系サボテンなので根腐れさせやすいことを理解した上で管理してたつもりでしたが、油断したぁ~! 月晃殿をはじめとした旧クライジア属(現在はマミラリア属に統合)のサボテンは...